\即日振込ローンおすすめ1位/

トップページ > 大阪府

「急な出費で急ぎお金が要る」
「息子が部活で怪我をした」

当サイトでは大阪府で今すぐのお借り入れをご検討中の方に、人気の即日振込ローンをご紹介しています。今日中にお金が必要なら、スマホからでも申し込みができ、即日融資・即日振込に対応している安心・安全の大手消費者金融でのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込ローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と心配な方へ。ネット審査は土日祝日関係なく申し込みができます。即日口座振込にしたいならプロミスの他にアコムも評判です。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

大阪府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

融資の基礎知識コラム

キャッシングを利用したいんだけどその仕組みがややこしそうなので遠慮してしまっているという人は決して少なくはないでしょう。案外仕組みは簡単なのでとりあえず一度申し込んでみてはいかがでございましょうか?ここのところは、即日キャッシングをしてくれる所も多いのでかなりお勧めですよ。消費者金融は以前よりも身近なものとなりましたが、そのもの自体に変わりはありません。消費者金融はあくまでも利子つきのお金を貸す業者であり、返済にめどがたたないと地獄に落ちるのは変わりないのです。深く考えもしないでお金を借りるのはやめましょう。利用する条件として、「返済しないと人生に行き詰る」ことを忘れずに使うようにしましょう。まともな金融機関であれば当然、カードローンの申請があったら、もれなく審査を行います。こうした審査は、利用者に希望額の融資をしても返済に際しトラブルが起こらないかどうかを見極めます。利用者の職や収入に関すること等の属性的な面と、その他、ローン契約の有無といった信用情報によりトータルでみて検討を行い、問題がないと認められると、審査をパスできます。例えば急な融資が必要になったり、まとまったお金が必要になることは誰にだって起こり得るでしょう。そんな時、身近な人との金銭トラブルを避けるため、例えば銀行などの金融機関でお金を借りたいという人も少なくありません。ですが、銀行も無条件でお金を貸してくれるわけではありません。申請に当たっては細かい手続きや書類を準備する必要があります。また、保証人を探す必要もありますから、信頼できる相手を見付けておかなければならず、苦労も多いです。では、どこでお金を借りればよいのかと悩んでしまう方もいるでしょう。このような時にこそ利用したいのがキャッシングなのです。保証人も面倒な手続きもなく融資を受けられるため、たくさんの人が活用しているようです。キャッシングの返済というものは、たくさん借り入れるほどそれを返済するのに要する期間も長引き、キャッシング業者に利息として支払う額も増えてしまうのです。少しでも利息を安くしたいならば、もし可能ならば返済日より前に返す繰り上げ返済をするのが賢い利用法でしょう。月々の返済の金額は決められているものですが、それ以上の額の返済を行っていくと、短期間で返済が終わり、利息として支払う額も減らすことができるのです。簡単な手続きで即日融資を受けられ、なおかつ返済できる場所が多いのがインターネットを使ったキャッシングの強みでしょう。基本的にネットの中で完結できるので、誰かに知られることなくお金を借りられるのも、このキャッシングの強みです。よくあるのが、利用明細を家族に見られ借金が発覚するというパターンですが、ネットキャッシングではこれらのチェックもサイト上でできるので、利用明細書を自宅に送られるケースは少ないです。今使っているネットバンキングをキャッシングの受け取り口座にすれば、ますます使いやすくなります。初めてキャッシングをするときは、利率や手数料も気になりますが、安心感も大事ではないでしょうか。私は大手の中から選びました。SMBCモビットやノーローンなどの銀行系はATMの横に広告があったりで、結構見かけるはずです。また、消費者金融系ならプロミスやアコム(共に筆頭株主は大手銀行ですが)などが有名ですし、コマーシャルを見ることも多いですね。「宣伝費かけちゃって、高いだろうな」と思うのは実は間違い。こういう会社のウリはやはり利率が低いことでしょう。返済するときは、元金に利息分を加えたものを支払うので、大手の低利率の融資を受けられればラクに返済できますし、結果的に延滞の危機も回避できるでしょう。初めて作ったクレジットカードのことは、いまでもよく覚えています。社会人は持っていなくちゃとなんとなく思って作ったもので、22歳のときでした。なんとなくの割に年齢だけは覚えています。一応、親に相談してから申込書を書いて送りました。翌週、書留が届いているなと思ったら、先日のクレカでした。初めてのクレジットカードは、緊張しました。なぜって、クレジットカードにはキャッシング機能がついていて、20万円までなら自由に借りることができるわけです。なくしたりしたら大変だなと思ったことを覚えています。クレジットカードにはショッピングとキャッシングの機能があります。キャッシングについては、原則、一括返済です。一般的に、クレジットカードの追加サービスのイメージが強いキャッシング機能ですが、反対に、キャッシングだけに使うカードも使われています。こうしたものは、ローンカードと言われます。なお、クレジットカードにキャッシングのオプションが付いていないというケースもありますが、実際にキャッシング枠が付くか否かはそのカードを発行したクレジット会社が決めます。キャッシングの種類と特徴について、簡単に説明します。キャッシングには大手銀行によるサービスと消費者金融があります。銀行のキャッシングサービスは銀行系と総称され、特徴としては法律によって定められた限度額の規制(年収の3分の1以下)がありません。ですから、配偶者が安定して稼ぎを得ているのなら、専業主婦でも借りられるという特徴があります。ノンバンク系のキャッシングはと言うと、なによりも業者の数が多いことが挙げられます。短期間の貸付であれば無利息のサービスもあるため、短期の利用には最適です。

おすすめ1位のプロミス