\即日振込ローンおすすめ1位/

トップページ > 北海道

「急な出費で急ぎお金が要る」
「息子が部活で怪我をした」

当サイトでは北海道で今すぐのお借り入れをご検討中の方に、人気の即日振込ローンをご紹介しています。今日中にお金が必要なら、スマホからでも申し込みができ、即日融資・即日振込に対応している安心・安全の大手消費者金融でのキャッシング(※最短1時間融資)がおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込ローンのおすすめ

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「家族にバレたくない」「知り合いにバレたくない」と心配な方へ。ネット審査は土日祝日関係なく申し込みができます。即日口座振込にしたいならプロミスの他にアコムも評判です。

新型コロナウイルスの給付金に関する情報は下記を参考にして下さい。

新型コロナ 対策支援制度まとめ

新型コロナの対策支援制度まとめ情報です。補助金や助成金、融資などの支援制度についてのまとめです。

北海道の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

融資の基礎知識コラム

皆さんご存知のように、現金を借り入れることをキャッシングといいます。その多くは、消費者金融や銀行が提供するカードローンを利用したり、クレジットカードにオプションで付いているキャッシング枠を利用して現金を引き出すことを意味する場合が多いです。キャッシングサービスで借りたお金には利息を付けて返す必要があります。こうした利息の払い方は、基本的にクレジットカードの返済と変わりません。例えば、一回払いだとしても引き落とし日までの日数で、日割りの金利を含めた金額が支払われますから、覚えておいてください。入金がカードローンの返済日までに間に合わなかった場合は、ひとまず、そのことについての連絡がスマホか、家電に掛かってくるはずです。その時に延滞分の支払い可能日を報告しておけば、指定した日まではカード会社からの連絡はなくなります。そのわけは貸金業法によって消費者は守られており、毎日のようにカード会社が電話で催促することはできません。しかし、約束した次の支払日も遅延してしまったら、勤め先や家族にも影響があるかもしれませんので、きちんと返済するようにしてください。インターネットが身近な存在となってからはパソコンやスマホからでもお金が借りられるため、誰でもお手軽に利用することができるようになりました。ちなみに、借り入れが可能な人の条件としては18歳かもしくは、20歳以上で仕事に就いていて安定した給与を受けている人となっています。借り入れに必要な利子は、会社によってそれぞれ違いがあるということはご存知でしょうか。できるだけ低い金利で済むキャッシング会社をいろいろ比較しながら探すことが大切になってきます。キャッシングは、現金貸し付けのサービスをしている業者より数万円程度といった生活費に充てるような金額の現金を貸し付けしてもらうという意味を持っているのです。借金を貸金業者に依頼しようと思ったときには連帯責任になる保証人、さらには不動産などが求められます。キャッシングには他の借金とは違った特徴があって、わざわざ保証人や担保など借金のカタになるものを渡さずに手間をかけずに手続きを進めていくことが可能なのです。きちんと本人による申し込みだと分かる証拠を提出したら、何の問題もなく借金をすることが可能なのです。生活費が足りないという時にキャッシングを利用する際は、キャッシングは必要最低限に留め、返済時に焦ることのないような額にしなければ、時として返済に追われることも出てくるでしょう。ちょっとの生活費だからと甘く見ていてはいけません。その積み重ねが命取りになるので、キャッシングにすぐ手を出すのではなく、注意してください。キャッシングを考えている人はまず、返済計画を考えてから行動に移しましょう。最近人気なのがネットに対応したキャッシングです。何と言っても、借り入れが簡単でしかも返しやすいのがインターネットを使ったキャッシングの強みでしょう。キャッシングの事実を秘密にしやすいのも、このキャッシングの強みです。家族が利用明細書を受け取ってしまい、そこからキャッシングがバレるという話がよくありますが、ネットキャッシングの明細は基本的にネット上で確認するので、パソコンの閲覧履歴やスマートフォンをしっかり管理しておけば、見つかることは少ないです。キャッシングの借入金の受取口座をご自身のネットバンキングにすれば、ますます使いやすくなります。いかにキャッシングを使うかでとても役立つものです。しかしながら、キャッシングを利用するためには、クレジット会社による審査を通過する必要があります。この審査によってはじかれた人は、現在から3か月前以上返済がおろそかになったりしてクレジットカードが自動的に使えなくなったことがある、いわば、ブラックリストに書かれてしまった人なのです。銀行が提供する銀行系キャッシングの一番の特徴は、金利の安さです。さらに、融資の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという総量規制の対象外なので、借入限度額が高めな点も、銀行系の強みと言えるでしょう。その日のうちにキャッシングできるサービスもありますし、銀行ゆえの安心感と信頼感は大きいです。さらに、銀行系のキャッシングは利用できるATMの数がたくさんあり、最寄りのコンビニATMが使えることも多いので、利便性がかなり高くなります。一方で、審査は厳しめのため、審査落ちしてしまい、融資を受けられない人も多いのですが、審査をパスできるようなら、銀行系キャッシングの融資を受けた方が便利に活用できるのではないでしょうか。ここのところ、キャッシング業者によっては、一定期間利息無料サービスをつけているところも増えていますが、対象者になるのかどうかは業者の設定した条件で変わってきますから、実際に申込手続きを取る前に確認しましょう。とくに、無利息期間がいつからいつまでなのかという点は忘れがちですから、きちんとチェックしてください。返済する方法次第では手数料の支払いがあるので、たとえ無利息であっても、結果的には損してしまうかもしれません。キャッシング利用時は、勤務先及び勤続年数の申告が必要です。借り手の返済能力の有無を調べるためです。すると、職場に在籍しているか確認する電話等が入ります。職場への連絡を嫌う人もいると想像できますが、現在では消費者金融だと周囲に知られないような工夫がされています。

おすすめ1位のプロミス